警報発令時の注意事項

① 特別警報発令の場合

居住する市町村に特別警戒警報が出された場合,その発令地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状態であるので,周囲の状況や市町村から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、命を守るための行動をとる。

 

② 警報発令の場合

午前6時現在で玉野市と吉備中央町を除く岡山地域(岡山市、瀬戸内市)と東備地域(備前市、赤磐市、和気町)のいずれかに暴風、大雨、洪水、大雪の各警報のいずれかが発令されている場合には、自宅待機とする。午前10時までに警報が解除された場合は、安全に考慮しながら速やかに登校する。午前10時までに警報が解除されない場合には臨時休校とする。登校途中に警報の発令を知った場合には、速やかに帰宅する。なお、定期考査日(午前中授業日)は、午前7時までに警報が解除されない場合には臨時休校とする。

※午前10時までに警報が解除されて登校する場合,購買でのパンの販売は無いので,各自昼食を準備すること。

③ 台風,水害,雪害等で公的交通機関がストップしている場合

台風、水害、雪害等で公的交通機関がストップしている場合には、安全な方法で登校する。ただし,登校に危険を感じる場合には、学校に連絡の上,自宅で待機する。

コメントは受け付けていません。